アトピー性皮膚炎に優しいお風呂の温度と時間

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アトピー性皮膚炎は皮膚のバリア機能が低下しているために、
少しの刺激で炎症を起こしやすくなっています。

そのため毎日の入浴の際にも気をつけたい点がいくつかあります。

入浴をしっかりして汗を落とそう

まず洗いすぎが良くないからといった理由や、
皮脂の分泌が少ないのでお風呂に入る頻度を少なくするというのは、
肌にあまりよくありません。

夏場は汗をかきますし、冬でも防寒のため衣類を重ね着したりすることで、
知らない間に汗をかいていることがあります。

そのままにしておくことで細菌が増殖しやすくなってしまい、
炎症が起きて症状が悪化しやすくなってしまうのです。

ただし、アトピー性皮膚炎の人がお風呂に入る際は、
シャワーの温度や浸かる浴槽のお湯の温度に注意が必要です。

アトピーの人に適切なお風呂の温度と時間は?

目安は38度で、冬場の寒い時期は40度くらいまでは問題ないとされています。
熱い温度のシャワーや入浴は皮膚に必要な油分までも取り除いてしまうこと、
また高温であるために刺激が強いので避けたほうが安全です。

また湯船につかる際の目安の時間としては、
10分程度がおすすめと言われています。

ぬるめのお湯に10分程度浸かることで、体の芯から温めることができますし、
お風呂から上がった後に暑すぎて汗をかいてしまうといった悪循環も防げます。

10分というのもあくまで目安なので、季節や家の気温・体調などによっても変わってきます。
自分の体調や環境に合わせて調節することが大切になります。

シャワーだけでお風呂を終わらせる方も、
湯船につかることで体に残った洗浄剤を取り除く効果があるので、
アトピー性皮膚炎の症状が改善されることがあります。

入浴後はできるだけ早く保湿を心掛けるようにすると、乾燥を防ぐことができます。
お湯の温度や入浴の時間に気をつけることで、アトピー性皮膚炎の方でも効果的にお風呂を楽しむことができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。