アトピー石鹸で黄色ブドウ球菌を殺菌しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アトピー性皮膚炎は黄色ブドウ球菌が急激に増加する事が主な原因で、
手などに付着した黄色ブドウ球菌を減らす石鹸を上手に活用する事が大切です。

黄色ブドウ球菌を減らすコツ

菌の数を増やさない為には皮膚を隅々まで清潔にする事を心掛けて、
石鹸を使って手などを綺麗な状態にした後にアトピー性皮膚炎になっている箇所に軟膏を塗って、
炎症を広げないようにしっかりと管理する事が求められます。

アトピーの症状を効率よく無くす為には石鹸を使って丁寧に洗浄する事を心掛けたり、
刺激性の無い無添加の商品を選ぶ事が大切です。

黄色ブドウ球菌が増えてアトピー性皮膚炎の状態になっている時は、
刺激性の強い石鹸を使用しないで洗ったり、
出来るだけ刺激を与えないで洗浄する事に取り組む事が望ましいです。

泡立ちや症状を観察すること

洗浄の作業を行う事で黄色ブドウ球菌を効率よく減らす場合、
商品に書いている成分の詳細の情報を確認したり、泡立ちの度合いを確かめる事も重要です。

手に付けた時に泡立ちが良いとアトピー性皮膚炎が劇的に解消されて肌が綺麗な状態になりやすいので、泡立ちの良い石鹸を購入する事が基本です。

アトピー性皮膚炎の度合いや個人の肌の状況によっては、
無添加の石鹸を長期間使用しても効果が出なかったり、
アトピー性皮膚炎が長期的に継続する事も多いです。

石鹸を使用して症状が徐々に改善される状態ならば、
軟膏などを使いながら様子を見ても良いが、
なかなか黄色ブドウ球菌が減らないと痒みが収まらないので、
症状が治まらない場合は使用している軟膏などを持って皮膚科に相談する事が大切です。

皮膚科にはアトピー性皮膚炎に有効的な軟膏や石鹸の使い方を指導してくれる医師が多いので、自力で治す考えを避けて医師の指導で炎症を抑えていく事が効果的です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。