アトピー性皮膚炎に悪いとされる界面活性剤とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

界面活性剤がアトピー性皮膚炎に良くないということは、
聞いたことがあるという人もいると思います。

界面活性剤とは、私たちの暮らしには身近なものです。

界面活性剤どんなところに使われてる?

シャンプーや石鹸、化粧品までありとあらゆるところに使われており、
界面活性剤は油にも水にもなじむことができます。

なので水と油を乳化させるときにこれを使うのです。

あとは、水がしみこみにくいものを水の中で分散させる作用もあります。

また泡立ちをよくする作用や、洗浄作用もあります。
アトピー性皮膚炎の人は、肌のバリア機能を守っていくことが重要になります。

汚れを落とすためにクレンジングや洗顔で肌をごしごしこすって洗ってしまうと、
大切な皮脂膜を失ってしまうことがあります。

なぜなら、肌の汚ればかりでなく肌を守っている皮脂膜が、
油分でできているため皮脂をすべて洗い流してしまうのです。

そうすると、肌のバリア機能が低下してしまい、
肌の炎症をおこす原因になってしまいます。

肌の乾燥にも気をつけて!

また、肌が乾燥してしまいます。
つまり、界面活性剤を使った製品を使うと、洗浄力が強すぎるためアトピー性皮膚炎が悪化してしまうのです。

病院での治療でも、肌を洗いすぎてはいけないといわれることが多いです。

洗顔石鹼や化粧品だけ気を付ければいいというものではありません。
洗濯洗剤にも界面活性剤は使われています。

残留洗剤によってアトピーが悪化してしまうことがあります。

特に下着など肌に直接触れるものは注意が必要です。
界面活性剤は天然由来のものもありますが、洗浄作用があることは変わりません。

界面活性剤不使用と表記されているものでも、
天然成分の界面活性剤を使っていることもあるので注意しましょう。

良く調べて購入するようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。