アトピー性皮膚炎でも使える石鹸と正しい洗い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アトピー性皮膚炎は、以前は子供に多い皮膚病でしたが、
最近は、大人になってからアトピー性皮膚炎になったという人が増えています。

アトピー性皮膚炎になる原因

子供のアトピー性皮膚炎になる原因は、
皮膚のバリア機能がうまく働かず、肌を守る力が弱いことが原因のことが多く、大人になるにつれ、機能が発達していくため、自然に治癒していくことがほとんどです。

一方、大人になっても改善されなかったり、
成人を超えてから発症してしまう場合には、
環境や食生活といったことが原因となることが少なくありません。

アトピー性皮膚炎は、乾燥して敏感になった肌に、
強い刺激が与えられることで、皮膚のバリア機能が低下してしまい、
アトピー性皮膚炎を発症してしまいます。

大人になって発症した場合は、生活習慣などが原因の場合がおおいので、
ステロイドを処方されたとしても、生活スタイルを見直さないとなかなか改善は難しいといえます。

スキンケアで根本治療をしよう

アトピー性皮膚炎は、ステロイド治療薬が一般的ですが、
民間療法では、アレルギー体質を根本から治すといったアプローチをとっています。

そのためには、スキンケアが重要となります。

スキンケアによって、人間が元々持っている皮膚のバリア機能や免疫力を本来の元気な状態に戻すことができます。

たとえば、顔の洗顔やお風呂での石鹸などです。

皮膚のバリア機能を担っているのは、
角質層で、この角質層にある保湿物質や脂質、皮脂膜によって、
皮膚のバリア機能が保たれています。

肌のバリア機能を修復するためには、保湿がポイントで、
コラーゲンなどの肌の潤いを保つのに必要不可欠な成分によって、
表皮の新陳代謝を促進して、免疫力や治癒力、皮膚のバリア機能を修復してくれます。

そのため、アトピー性皮膚炎の方でも使うべきなのは、
保湿効果のある石鹸を使うことが大切です。

また、保湿する前には、清潔な肌が基本ですから、
石鹸で正しい洗い方をすることが大切です。

細かい洗い方は色々ありますが、特に気をつけてもらいたいのが、石鹸分の洗い残しです。

しっかり洗って石鹸を洗い流すということが、一番大切な洗い方です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。