Uncategorized

アトピー石鹸で黄色ブドウ球菌を殺菌しよう

アトピー性皮膚炎は黄色ブドウ球菌が急激に増加する事が主な原因で、
手などに付着した黄色ブドウ球菌を減らす石鹸を上手に活用する事が大切です。

黄色ブドウ球菌を減らすコツ

菌の数を増やさない為には皮膚を隅々まで清潔にする事を心掛けて、
石鹸を使って手などを綺麗な状態にした後にアトピー性皮膚炎になっている箇所に軟膏を塗って、
炎症を広げないようにしっかりと管理する事が求められます。

アトピーの症状を効率よく無くす為には石鹸を使って丁寧に洗浄する事を心掛けたり、
刺激性の無い無添加の商品を選ぶ事が大切です。

黄色ブドウ球菌が増えてアトピー性皮膚炎の状態になっている時は、
刺激性の強い石鹸を使用しないで洗ったり、
出来るだけ刺激を与えないで洗浄する事に取り組む事が望ましいです。

泡立ちや症状を観察すること

洗浄の作業を行う事で黄色ブドウ球菌を効率よく減らす場合、
商品に書いている成分の詳細の情報を確認したり、泡立ちの度合いを確かめる事も重要です。

手に付けた時に泡立ちが良いとアトピー性皮膚炎が劇的に解消されて肌が綺麗な状態になりやすいので、泡立ちの良い石鹸を購入する事が基本です。

アトピー性皮膚炎の度合いや個人の肌の状況によっては、
無添加の石鹸を長期間使用しても効果が出なかったり、
アトピー性皮膚炎が長期的に継続する事も多いです。

石鹸を使用して症状が徐々に改善される状態ならば、
軟膏などを使いながら様子を見ても良いが、
なかなか黄色ブドウ球菌が減らないと痒みが収まらないので、
症状が治まらない場合は使用している軟膏などを持って皮膚科に相談する事が大切です。

皮膚科にはアトピー性皮膚炎に有効的な軟膏や石鹸の使い方を指導してくれる医師が多いので、自力で治す考えを避けて医師の指導で炎症を抑えていく事が効果的です。

アトピー性皮膚炎に悪いとされる界面活性剤とは?

界面活性剤がアトピー性皮膚炎に良くないということは、
聞いたことがあるという人もいると思います。

界面活性剤とは、私たちの暮らしには身近なものです。

界面活性剤どんなところに使われてる?

シャンプーや石鹸、化粧品までありとあらゆるところに使われており、
界面活性剤は油にも水にもなじむことができます。

なので水と油を乳化させるときにこれを使うのです。

あとは、水がしみこみにくいものを水の中で分散させる作用もあります。

また泡立ちをよくする作用や、洗浄作用もあります。
アトピー性皮膚炎の人は、肌のバリア機能を守っていくことが重要になります。

汚れを落とすためにクレンジングや洗顔で肌をごしごしこすって洗ってしまうと、
大切な皮脂膜を失ってしまうことがあります。

なぜなら、肌の汚ればかりでなく肌を守っている皮脂膜が、
油分でできているため皮脂をすべて洗い流してしまうのです。

そうすると、肌のバリア機能が低下してしまい、
肌の炎症をおこす原因になってしまいます。

肌の乾燥にも気をつけて!

また、肌が乾燥してしまいます。
つまり、界面活性剤を使った製品を使うと、洗浄力が強すぎるためアトピー性皮膚炎が悪化してしまうのです。

病院での治療でも、肌を洗いすぎてはいけないといわれることが多いです。

洗顔石鹼や化粧品だけ気を付ければいいというものではありません。
洗濯洗剤にも界面活性剤は使われています。

残留洗剤によってアトピーが悪化してしまうことがあります。

特に下着など肌に直接触れるものは注意が必要です。
界面活性剤は天然由来のものもありますが、洗浄作用があることは変わりません。

界面活性剤不使用と表記されているものでも、
天然成分の界面活性剤を使っていることもあるので注意しましょう。

良く調べて購入するようにしましょう。

アトピー性皮膚炎に良いと口コミで評判の純石鹸

アトピー性皮膚炎に良いと口コミで評判なのは、純石鹸の種類です。

合成洗浄剤ではない、ピュアなタイプは肌にも大きな負担とはなりません。

近年日本ではアトピーで悩む人が増加をしていますが、
子供時代に収まる保証はなく、大人になってからアトピーで悩むケースもあるほどです。

大人になればアトピーは治まると言うのは、もはや都市伝説にもなっています。

アトピーで悩む現代社会の原因

現代社会には何故、これまでにアトピー肌で悩む人が増えているのか、
その理由のひとつは、「強い洗浄成分で肌を洗いすぎていること」

とてもシンプルな答えが導き出されています。

健やかなはずの皮膚状態が、アトピー肌に変わる理由として、
皮膚のバリア機能の崩壊により、皮膚の機能が下がってしまうのが理由の一つになっているためです。

人間の皮膚のバリア機能が下がるようになると、
ハウスダストやダニなど、いろいろなアレルギーの要因となる物質が、肌の内部へ入りやすくなります。

逆転の発想で考えてみると、人間の皮膚のバリア機能を健やかにすることで、アトピー肌を悪くさせない秘訣にもなります。

肌に負担にならない石鹸を。

市販の強力な洗浄成分で肌を洗いすぎると、
皮膚に必要で存在をする皮脂が、バスタイムの度に洗い流されてしまいます。

すると潤いのあった皮膚は、どんどんカサカサとした乾いた皮膚状態になります。

乾燥している皮膚の状態は、
皮膚からすっかりバリア機能が失われている、
かなり弱い状態になります。

強い洗浄成分で皮膚を洗いすぎることで、肌の表面の常在菌まで、一緒に洗い流されていきます。

皮脂膜を作るための常在菌は必要な存在であるために、
洗い流してしまうとアトピーの悪化になります。

皮膚のバリア機能を保つためにも、洗う回数は少なくして、
使う石鹸は、肌へ負担にならない優しいタイプへの切り替えが必要になります。

シンプルな純石鹸を選ぶか、成分がしっかりしているアトピー向け石鹸がおすすめです。

息子のアトピーに石鹸を1週間毎に使った体験談

息子のアトピーの症状がひどく、
まだ子供なのでかいてはダメだと言ってもかきむしってしまい、
血が出るほどになることもあり症状は悪化の一方でどうすれば良いのかが悩みのタネでした。

息子のアトピーに試したのは石鹸

アトピー性皮膚炎に効果があると言う高級な石鹸やケア用品を購入したこともありましたが、
どれもあまり効果を実感することはできませんでした。

石鹸を使うと悪化してしまうと言うことも聞いたことがあり、
自分自身はアトピーではないので本当に知識もなくて困っていた時に知ったのが、
普通の固形石鹸が一番良いと言うことでした。

体験談を見ていても、本当に改善したと言う意見も多かったのでチャレンジしてみようかなと思いました。

刺激が強すぎるんじゃないかと言う心配もあったし、
こんな手頃なもので本当に良いのかと言う不安もありましたが物は試しだと思い使いました。

普通の固形石鹸を使ってみた結果

使ってみた初日には特に変化を感じることはありませんでしたが、
肌荒れやかゆみが悪化しなかったというだけでとりあえずはよかったと安心しました。

店頭で気軽に買うことができるし、こんなにリーズナブルでも無添加ということが大切なんだなと改めて実感することができました。

ボディソープよりも刺激が少ないんだろうなと思うことができました。

 

そして、使ってから一週間ほどだった頃には、
息子が最近あまり肌をかかなくなったなと思うようになりました。

息子自身に痒くないのか聞いてみたところ、
最近大丈夫だと言っていたので本当にびっくりしました。

効果がなくても安いものだし、自分で使えば良いかなと思って試し始めましたが、
まさかこんなに良いとは思いませんでした。

アトピーの改善を目指していきたいし、
そのためにも今後は無添加石鹸を使っていこうと思います。

アトピー性皮膚炎でも使える石鹸と正しい洗い方

アトピー性皮膚炎は、以前は子供に多い皮膚病でしたが、
最近は、大人になってからアトピー性皮膚炎になったという人が増えています。

アトピー性皮膚炎になる原因

子供のアトピー性皮膚炎になる原因は、
皮膚のバリア機能がうまく働かず、肌を守る力が弱いことが原因のことが多く、大人になるにつれ、機能が発達していくため、自然に治癒していくことがほとんどです。

一方、大人になっても改善されなかったり、
成人を超えてから発症してしまう場合には、
環境や食生活といったことが原因となることが少なくありません。

アトピー性皮膚炎は、乾燥して敏感になった肌に、
強い刺激が与えられることで、皮膚のバリア機能が低下してしまい、
アトピー性皮膚炎を発症してしまいます。

大人になって発症した場合は、生活習慣などが原因の場合がおおいので、
ステロイドを処方されたとしても、生活スタイルを見直さないとなかなか改善は難しいといえます。

スキンケアで根本治療をしよう

アトピー性皮膚炎は、ステロイド治療薬が一般的ですが、
民間療法では、アレルギー体質を根本から治すといったアプローチをとっています。

そのためには、スキンケアが重要となります。

スキンケアによって、人間が元々持っている皮膚のバリア機能や免疫力を本来の元気な状態に戻すことができます。

たとえば、顔の洗顔やお風呂での石鹸などです。

皮膚のバリア機能を担っているのは、
角質層で、この角質層にある保湿物質や脂質、皮脂膜によって、
皮膚のバリア機能が保たれています。

肌のバリア機能を修復するためには、保湿がポイントで、
コラーゲンなどの肌の潤いを保つのに必要不可欠な成分によって、
表皮の新陳代謝を促進して、免疫力や治癒力、皮膚のバリア機能を修復してくれます。

そのため、アトピー性皮膚炎の方でも使うべきなのは、
保湿効果のある石鹸を使うことが大切です。

また、保湿する前には、清潔な肌が基本ですから、
石鹸で正しい洗い方をすることが大切です。

細かい洗い方は色々ありますが、特に気をつけてもらいたいのが、石鹸分の洗い残しです。

しっかり洗って石鹸を洗い流すということが、一番大切な洗い方です。

アトピー性皮膚炎に優しいお風呂の温度と時間

アトピー性皮膚炎は皮膚のバリア機能が低下しているために、
少しの刺激で炎症を起こしやすくなっています。

そのため毎日の入浴の際にも気をつけたい点がいくつかあります。

入浴をしっかりして汗を落とそう

まず洗いすぎが良くないからといった理由や、
皮脂の分泌が少ないのでお風呂に入る頻度を少なくするというのは、
肌にあまりよくありません。

夏場は汗をかきますし、冬でも防寒のため衣類を重ね着したりすることで、
知らない間に汗をかいていることがあります。

そのままにしておくことで細菌が増殖しやすくなってしまい、
炎症が起きて症状が悪化しやすくなってしまうのです。

ただし、アトピー性皮膚炎の人がお風呂に入る際は、
シャワーの温度や浸かる浴槽のお湯の温度に注意が必要です。

アトピーの人に適切なお風呂の温度と時間は?

目安は38度で、冬場の寒い時期は40度くらいまでは問題ないとされています。
熱い温度のシャワーや入浴は皮膚に必要な油分までも取り除いてしまうこと、
また高温であるために刺激が強いので避けたほうが安全です。

また湯船につかる際の目安の時間としては、
10分程度がおすすめと言われています。

ぬるめのお湯に10分程度浸かることで、体の芯から温めることができますし、
お風呂から上がった後に暑すぎて汗をかいてしまうといった悪循環も防げます。

10分というのもあくまで目安なので、季節や家の気温・体調などによっても変わってきます。
自分の体調や環境に合わせて調節することが大切になります。

シャワーだけでお風呂を終わらせる方も、
湯船につかることで体に残った洗浄剤を取り除く効果があるので、
アトピー性皮膚炎の症状が改善されることがあります。

入浴後はできるだけ早く保湿を心掛けるようにすると、乾燥を防ぐことができます。
お湯の温度や入浴の時間に気をつけることで、アトピー性皮膚炎の方でも効果的にお風呂を楽しむことができます。

アトピー性皮膚炎には無添加石鹸がおすすめ

子供や家族が生まれつきのアトピーでつらい経験をしている人も多いでしょう。

アトピーは生まれ持った体質のこともあるので、
アトピー性皮膚炎の場合は、日ごろから石鹸や、洗剤、タオルなど皮膚に触れるものには注意が必要です。

無添加石鹸はアトピーに最適!

肌にやさしい無添加石鹸は、アトピーの悪化を防いでくれる効果もあります。

アトピー性皮膚炎の人は、病院に通院している人も多いですが、
日常から使う石鹸を気にかけて、無添加石鹸を使用することもおすすめです。

石鹸は、ドラッグストアや、インターネットでも購入することができるので、
アトピー性皮膚炎用の無添加石鹸を使う場合は、口コミや評判を参考にしてみると良いでしょう。

香料、着色料、防腐剤が入っていない無添加石鹸がおすすめです。

赤ちゃんから高齢の方まで使える石鹸を探そう

赤ちゃんの肌にも優しく、使い続けることで、アトピーの症状も悪化しないです。

普段から無添加石鹸を使って、病院に通院しながら、薬を塗りアトピーの症状を抑えることが大切です。

いつもと違う石鹸を使ったり、刺激の強い石鹸を使うと、
赤くなったり、かゆみがでるので、無添加石鹸を使い、普段からこまめに保湿をすることが大切です。

人気のあるタイプの石鹸は、口コミやインターネットでも広まっているので、チェックしてみるのも良いでしょう。
発泡剤や、人口のものが含まれていない石鹸は、肌にも優しく毎日安心して使うことができます。

赤ちゃんの肌はとても敏感なので、
アトピー性皮膚炎の場合は、毎日安心して使えるものを選ぶことも大切です。

成分によって、価格も異なるので、いくつか試してみて、
使いやすい物、肌に合ったものを使い続けることが良いでしょう。

家族みんなで使うこともでき、
無添加石鹸は香りも少ないことが多いため、高齢の人にも安心して使うことができます。

石鹸の洗い残しはアトピー性皮膚炎の悪化原因

健康な肌の場合は肌のバリア機能が正常に働いているので、
少々の刺激ではトラブルが起きにくくなっています。

しかしアトピー性皮膚炎の場合は刺激にも弱い状態の為、
石鹸の洗い残しがあると肌がかゆくなっていってしまったりします。

洗浄料は確かに肌を綺麗にしたり殺菌作用等が期待出来たりしますが、
その成分自体は肌に対して全く影響がないという訳ではありません。

それによって肌に刺激を与えてしまい、結果的にアトピー性皮膚炎が悪化してしまう事も多々あります。

洗い残しを防ぎ、優しい石鹸を使おう

アトピー悪化を防ぐ為には、石鹸を使わないという方法を取る必要があるわけでも有りません。
重要なのは洗い残しはないようにするという事です。

石鹸を利用するメリットもあるので、一切利用しないというのは決して良いとは限りません。

アトピー性皮膚炎の場合は無添加や低刺激のタイプの物であれば、
肌に負担なく利用する事が出来るようになっています。

それを洗い流す場合、シャワー等を浴びて終了と言う人もいますが、
この場合、肌にはまだ石鹸の成分が残っている状態です。

健康な肌の場合でも石鹸分が残っていると肌トラブルが引き起こされてしまう事も有ります。
それを防ぐ為にも、丁寧に洗い流します。

石鹸を使用した肌を確認しよう

シャワーを浴びる時はただ泡を流すだけでなく、
手を使って肌の表面に何も残っていないか確認しながら洗います。

また洗うのは上から下に向かってなので、頭、顔、体と石鹸分が肌に残らないようにします。
そうすれば洗い残しを防ぎやすくなるからです。

石鹸分はその製品によっては泡がなくなった後でも肌の表面に残っている事も有ります。

まずはシャワーできれいに流す事、手を使って軽くこする事、
さらに可能であればその後浴槽に3分程浸かって、完全に石鹸分が残っていないようにすれば、洗い残しを防ぎやすくなります。

アトピー性皮膚炎患者はお風呂に入るべきではない?

アトピー性皮膚炎の場合、お風呂に入る事で症状が悪化してしまう事があります。

血管が拡張して痒みが強くなってしまったり、
皮膚に付着しているアレルゲンが、お湯に浸かる事で皮膚の奥に入り込んでしまう事も有るからです。

その結果、赤み、痒みが強くなってしまう場合もあるので、
お風呂には汚れを落とすためにも入ったほうがいいですが、
お風呂に入る時は注意して入りましょう。

アトピー向けお風呂の入浴手順

1.まず入浴前にシャワーを浴びます。
さらに急激に血管が拡張してしまうのを防ぐ働きも期待出来ます。

2.次に湯船には20分程度浸かるのみにし、長時間は入浴しません。
長時間浸かると肌のバリア機能が低下してしまうので、よりトラブルが起きやすくなってしまうからです。

ただ、20分程度であれば肌の水分量を増すだけでなく、余分な角質を落とす事も出来るようになります。
肌に水分がある状態の方が、保湿剤の浸透力もアップさせやすくなります。

3.可能であればお風呂上がりは保湿をしっかり行うと良いでしょう。
乾燥を防ぐことはアトピーにおいて非常に大切です。

身体を洗うときの注意点

体を洗う時はこすらない事が大切で、
さらにジュクジュクしている場合は刺激を出来るだけ与えないようにし、殺菌する事を目的として行います。

基本的に石鹸・シャンプーはアトピー性皮膚炎でも利用する事が出来る低刺激の物にし、
さらに入浴である程度の汚れを落とす事は出来るので、毎日体を洗い過ぎないようにします。

石鹸成分は必ず洗い流し、余計な成分を肌に残さないようにする事によって、
肌に余計な刺激を与えないで済むようになります。

お風呂自体は結構を改善したりリラックス効果も期待出来ますが、
それによって痒みが発生してしまう可能性もあります。

全く入らないでシャワーで済ますのではなく、お風呂に入る事は禁止されているわけでは有りませんが、入る時は入浴時間や石鹸成分を残さない等の基本を守る様にします。

そうすれば痒み等を悪化させる事無く入浴しやすくなっていきます。