アトピー性皮膚炎による痒みを抑えるには

アトピー性皮膚炎の痒みは、かかずにはいられないほどの痒みを伴うこともありますので、
何とかして痒いのを抑えられるようにしたいものです。

アトピー性皮膚炎はかけばかくほど痒みが増していくようになりますので、
出来るだけ書かないようにしなくてはなりません。

 

アトピー性皮膚炎の痒みを我慢するのは難しい

大人であれば、何とか我慢をすることが出来る場合もありますが、
子供となると抑えるのは難しいでしょう。

いくら親がかかないように行ったとしても、
痒さに勝てずに書いてしまうものですので、
子供をしかりつけるようなことをしても、かいてしまうものなのです。

特に睡眠中などは、無意識のうちにかいてしまうものですので、
昼間に起きている時よりも酷くかきむしってしまうこともあるでしょう。

かきむしりすぎて血が出るほどになってもかわいそうですし、症状は改善していきません。
出来るだけ痒くないようにしてあげなくてはならないのです。

 

痒みの原因を避ける努力をしよう

アトピー性皮膚炎でかゆみを抑える方法としては、
痒みを引き起こしてしまう原因を避けるようにすることです。

そのため、食べ物にも気をつける必要があります。

食べ物の中には、ヒスタミンをたくさん含む食べ物がありますので、出来るだけ避けるようにしておくといいでしょう。

ヒスタミンを摂取することによって、痒さは増強していきやすくなりますので、
出来るだけ避けたほうがいいのです。

ヒスタミンを多く含む食べ物としては、
牛肉や豚肉、トマトやナスホウレンソウ、サバやサンマやイワシなどたくさんの食品に含まれていますので、
今までは知らず知らずのうちに摂取していたものも多いでしょう。

出来るだけヒスタミンを多く含む食品を控えるようにしておいた方が、痒さを抑えていくことが出来ます。

 

食べ物の他には、出来るだけ肌への刺激を少なくするという方法もあります。

運動などをして体を動かせば、自然と体が温かくなりますが、
何もせずにそのままでいれば、痒さが出てしまいますので、きれいにふき取るようにしなくてはなりません。

タオルなどで拭いたとしても、汗はきれいにふき取れるわけではありませんし、刺激になってしまいます。

 

アトピーならお風呂の入り方にも要注意

汗を綺麗にしたいのであれば、シャワーを浴びて流すほうがいいでしょう。

しかしシャワーを浴びる時にも、熱いお湯で浴びていれば体が温まってしまいますのでよくありません。
体が温まれば痒さが増していきますので、
体を温めないように、水でシャワーを浴びるようにしたほうがいいでしょう。

冬場の寒い時に入浴をしたいのであれば、ぬるま湯につかるようにして、短時間ですませることです。

長時間温まりたいところですが、痒さのことを考えれば短時間ですまさなくてはなりません。
基本的には体を温めてしまえば痒いと思うようになりますので、体を温めないように気をつけるといいでしょう。

 

優しい衣類の素材を選ぼう

痒みは、衣類によっても引き起こされている場合があります。
衣類の素材によっては、肌に刺激を与えやすい物もあるからです。

ウールなどを使っている素材は、チクチクしやすいので刺激になりやすくなっています。

出来るだけ、木綿などで作られている衣類を選ぶようにしておけば、
吸湿性がいいですので刺激を少なくすることが出来るのです。

 

もしも掻いてしまったときのために・・・

出来るだけ痒くないように気をつけていたとしても、
完全に防げるわけではありませんので、絶対に掻かずにいるのは難しいものです。

どうしても掻いてしまうのであれば、掻いたときのことも考えておかなくてはなりません。

思わず掻いてしまったときに爪が長ければ、
皮膚を傷めることになってしまいますので、爪は短くしておくようにしましょう。

家の中にいるのであれば、素手で過ごすのではなく、手袋をしておくのも方法です。
アトピー用の手袋をしておけば、掻いたとしても最低限しか掻かずにすみますので、肌のためになるのです。

あまりにもかきむしった状態になっていれば、
肌を出すのを恥ずかしいと思うようになりますし、
周囲の人たちにも心配をされてしまうかもしれません。

そういったことを防ぐためにも、出来るだけ痒みを抑えられるように日常生活で気をつけるようにし、押さえていくようにしなくてはなりません。

 

どの部位にアトピー症状が出やすいか観察すべし

体のどの部分に症状が出やすいかは人それぞれですが、
たとえば顔に症状がたくさん出てしまう場合には、化粧をするのも難しくなります。

化粧で皮膚の傷みを隠そうとすることで、さらに刺激を与えてしまうことになり、肌は荒れていく事になります。

肌をいい状態に保って化粧が楽しめるようにするためにも、
ストレスをためないようにし、肌状態を保つようにしましょう。

どの部位に症状が自分は出やすいかを観察し、
その部位にあったアトピー性皮膚炎の対処法をすることも大切です。

痒いと感じたときには掻く前に、おしぼりなどを使って痒い所を冷やすようにしてみれば応急処置が出来ます。
冷やすことによって、症状を落ち着かせることが出来ますので、掻かずに過ごすことが出来るのです。

今までの生活では気づかずに肌に刺激を与えていたこともあるはずですので、
極力肌への刺激を軽減できるようにしていく事によって、掻かずにすむことも増えてくるでしょう。